イベント軍手,名入れ手袋を製造・印刷する軍手工場
グローブファクトリー

お問い合わせ

電話受付 / 8 : 30〜17 : 30
TEL0256-98-2655

PRINT & PROCESSINGプリント・加工について

名入れ・オリジナル スベリ止め加工 (別注、特注)

名入れ・オリジナル スベリ止め加工 (別注、特注)

弊社は軍手の名入れ・オリジナル加工において、大手企業様の販促用・記念品として豊富な実績を有しております。(年間最大約3,000,000双の受注生産がございます)


名入れは100双から承ります。
データ入稿可(Illustrator最新バージョンを常備しております)。印刷物からの読み込みも可能です。
通常のシルク印刷ではなく、特殊な厚膜版でスベリ止めと同じ樹脂を刷りますので、手袋を伸縮させても名入れ部分が割れにくく、特注感があります。ただし、手袋は編み物であり、樹脂を厚く刷る加工ですので細密なデザインは不向きです。ご注意下さい。(細かいデザインの場合、ハイタッチタイプがおすすめです) また、印刷用インクではありませんので加工色に制限があります。

「普通軍手タイプ」と「ハイタッチタイプ」

「普通軍手タイプ」と「ハイタッチタイプ」

普通軍手タイプ(7ゲージ編み)

一般的な軍手と同じタイプです。木材やゴミの扱いなど、手の保護を優先する作業に向いています。

ハイタッチタイプ(10ゲージ編み)

名入れ(オリジナルスベリ止め)加工をする際、細かいデザインを表現できます。
いわゆる軍手に比べて糸を細く、編み目をこまかく仕上げたため、しっとりとしたフィット感があります。白軍手の場合、生地が薄いため頼りなく感じますが、むしろ軍手よりも長持ちします。(特紡糸より強いポリエステル糸を素材としています)手袋をはめたまま(力仕事をしながら)指先を使うような細かい作業が出来、荷物運びなどの軽作業に向いています。又、皮手・ゴム手の汗取りとしても利用できます。

オリジナル スベリ止め

オリジナル スベリ止め

名入れは「手の甲」という既成概念を再考してコストダウン

石川啄木が「じっと見た手」は手の平です。必ずしも手の甲に名入れは必要でしょうか?通常、スベリ止め加工→名入れ加工と2工程必要なところをオリジナルスベリ止め加工1工程にすることで大きくコストを抑えることが出来ます。

簡単なオーダー方法

デザインのご入稿に際してはこちらからフォーマットをダウンロードしてご利用いただけます。また、デザイン製作不要な簡単パターンもご用意しております。

2色名入れ

2色名入れ

名入れ、オリジナルスベリ止めを2色で刷ることも出来ます。下記事項をご理解の上お問い合わせください。

  • 最低1,000双から承ります。
  • 1色印刷に比べ単価が割高になり、版代金も2版分かかります。
  • 2色が密着、および複雑に重なり合うデザインは不可能な場合があります。

手の甲+親指名入れ

手の甲+親指名入れ
手袋名入れの場所は従来、他メーカーの生産機の制限によって甲部分にしか名入れできなかったため、常識的に甲部分が名入れ場所となっていたのが実状です。しかしどんな作業をしていても、親指は常に手袋をはめている人の視界に向いています。
当社では生産方法を改善し、左の画像のように指先等どこにでも名入れ可能ですので、斬新さが醸し出され、広告訴求性が高まります。

フルカラー熱転写

フルカラー熱転写

フルカラーで転写することが出来ます。下記事項をご理解の上お問い合わせください。

  • 通常の名入れに比べ割高・納期がかかります。
  • 転写紙最大サイズはH40mm×W50mmとなります。
  • プレス機によるプリントの為、若干プレス跡が残ります。
  • 特殊転写紙な上、転写対象が編み物なので極端に細かいデザインは不可能な場合があります。

ネーム縫い付け

ネーム縫い付け

手袋の袖口部分へのネーム取り付けも可能です。
既成品の手袋にひと手間加えるだけで高級感を演出します。
多色を用いたロゴデザインや、細かく正確な表現が必要とされるQRコード等、ラバープリントでは表現しきれない印刷にご利用ください。

手首まつり縫い処理

普通軍手とハイタッチタイプ

カラー軍手や白手袋の手首をまつり縫いすることができます。
アパレル手袋のような高級感のある仕上がりになります。

蓄光ゾル加工

蓄光ゾル加工

太陽や電気の光を吸収し、暗闇で光を放つ蓄光プリントです。
暗闇で手袋を使用される際に効果を発揮します。光の遮断された屋内でのイベントや夜間作業用にご使用ください。